ネオスが4日続落、引き続き通期見通しの下方修正を嫌気

 ネオス<3627.T>が4日続落、前日に14年2月期通期の業績予想減額を受けて1331円まで売り込まれたが、きょうも売りに押される展開。ソリューション事業で大型の不採算プロジェクトが発生したことを理由に営業利益は4億2000万円から1億9100万円(前期比40.0%減)、最終利利益2億1000万円から8500万円(前期は8400万円の赤字)に下方修正しており、これが投げを誘った。値動きの軽さから短期資金のターゲットとなりやすい銘柄で、昨年7月には株価600円台から一気に2300円台(分割修正値)まで買われた実績がある。前日も引けにかけ急速に下げ幅を縮めるなどボラティリティの高いところをみせており、突っ込み場面ではリバウンド狙いの買いも入りやすい。

ネオスの株価は13時32分現在1404円(▼22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)