米経済指標好調で米長期金利上昇、ドル買い戻し

中国経済成長見通し下方修正で豪ドル・ユーロ売り
昨日の海外時間には、発表された米・12月小売売上高が予想よりも良い結果だったことから、米長期金利が反発し、ドルが全般的に買われました。

欧州時間序盤、安く寄り付いた欧州株が、すぐに下げ幅を縮める展開となったことからユーロ買いが強まって、ユーロドルは1.3640台から1.3700付近まで上昇し、ユーロ円は141.90円付近まで上昇しました。しかし欧州株の反発が一服し、ユーロ買いが一巡するとユーロ売りが優勢となって、ユーロドルは1.3660台まで、ユーロ円は141.40円台まで反落しました。この間ドル円は、日経平均先物がやや上昇したことなどから103.70円台まで上昇しています。

NY時間にはいって、発表された米・12月小売売上高が予想より強い結果となりました。当初の反応は限定的なものでしたが、しばらくして米長期金利、NYダウ、そして日経平均先物などが上昇を開始し、円売りが強まって、ドル円は104.20円台まで、ユーロ円は142.60円台まで上昇しました。

NY時間午後にかけてふたたび米長期金利が低下すると各国株価が下落する中ドル売りと円買いが強まって、ドル円は102.80円台まで、ユーロ円は140.50円付近まで下落し、ユーロドルは1.3670台まで上昇しました。

東京時間午前、世界銀行が発表した報告書で、中国の経済成長率見通しが引き下げられたことから豪ドルやユーロが売られ、ユーロどるは1.3620台まで、ユーロ円は142.20円台まで下落し、全般的にドル買いが強まったことからドル円は104.40円台まで上昇しました。

今日の海外時間には、ユーロ圏・11月貿易収支、米・12月生産者物価指数、米・1月NY連銀製造業景気指数、米・ベージュブック(地区連銀経済報告)の公表が予定されています。

昨日の海外時間から今日の東京時間にかけては各国株価が上昇し円売りが強まる中、米経済指標結果を受けて米長期金利が上昇しドル買いが強まりました。米・12月雇用統計が一時的なものとの見方が多いこともドルの買戻しが強まった理由ですが、雇用統計前の水準までドルが買われるためには一段の米金利と各国株価の上昇が必要ですので、今晩発表される米・1月NY連銀製造業景気指数や米・ベージュブックの内容が重要です。