為替も落ち着き再上昇への足がかりを作る値固め

まだ完全には調整抜けはしていない
15500円から15750辺りまでの値固めの動きになっています。先物ベースでの寄り付きは15800円辺りですので日経も窓空けになるかどうかは微妙です。15750近辺はサポートが層になってるので、ここらが下支えになると15900円向かいの線も出てきます。ただ、15900円手前からは直近での積み上がりが多くなって来ているエリアですので、落しどころとしてはその中に入って膠着という展開も想定しておきます。為替が上下に飛ぶようであれば、その限りではない事は、引き続き頭に入れておくべきでしょう。見込みとしては、再度、16000円台に向けての値固め継続としておきます。