GCAが続伸、優先株などに300億円投資するファンドを組成

 GCAサヴィアン<2174.T>が続伸、株価は昨年12月17日の915円と12月25日の916円を二点底に、にわかに浮上気配が強まってきた。独立系でM&Aコンサルティングに展開するが、16日付の日本経済新聞が、同社が劣後ローンや優先株など「メザニン」と呼ばれる分野に投資するファンドを約300億円組成する、と報じていることも足もとの株価を刺激している。2月にも新会社を設立、年央をメドに年金基金など機関投資家から資金を募集し、来年から国内中堅企業に投資する方針と伝えられる。

GCAサヴィアンの株価は9時14分現在1051円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)