日産化が続伸、耐熱性8割向上させたLED照明の発光部保護材を開発と報じられる

 日産化学工業<4021.T>が続伸。きょう付の日経産業新聞で、LED照明の発光部分を保護する封止材として、従来より8割以上耐熱性を高めた化学品「エポキシ化合物」を開発したと報じられたことを好感。記事によると、熱による樹脂の変色が起こりにくく、照明の明るさを長期間維持できるのが特徴としている。省エネ志向の高まりによるLED照明の需要を取り込み、2015年度に売上高1億円を目指すとしていることから、業績への寄与も期待されている。

日産化の株価は9時38分現在1632円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)