T&CHDは反落、前13年11月期決算6期連続赤字を嫌気

 T&Cホールディングス<3832.T>は反落。同社は15日、前13年11月期連結決算を発表した。売上高は4億8100万円(前の期比5.0%減)、営業損失は3億900万円(前期実績4億2000万円の赤字)、最終損失は1億5200万円(同3億2800万円の赤字)となった。
 ETF(上場投資信託)関連事業は米国ニューヨークを拠点にXTF社が保有する豊富なデータベース、分析ツールを金融機関や機関投資家に提供しており、同社のサイト登録者数は増加の一途にあるものの、大幅な売上高増加には繋がっていない。また、2012年11月に発生したハリケーンにより同社が入居するビルが壊滅的な被害を受けたが、昨年9月から新事務所で業務を再開した。ただ、6期連続赤字決算で終わっており、これが嫌気されているようだ。

T&CHDの株価は10時7分現在400円(▼58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)