矢作建が続伸、建設セクターの穴株で青空圏飛翔

 矢作建設工業<1870.T>が続伸、民間建築を軸に独自の耐震補強工事で強みを発揮、14年3月期は営業利益が前期比2.3倍の60億円見通しと好調。「穴株妙味が指摘され、好業績を背景に個人投資家などの継続的な買いを集めている」(中堅証券)状況だ。時価は大勢3段上げから96年4月以来の高値水準を突破し実質青空圏を飛翔する展開で、戻り売り圧力がない点が強み。高収益体質が光り、PERは依然として14倍弱と割高感はない。株式需給面では発行株数4400万株と小型なうえに浮動株比率がわずか8%台という品薄感も特筆される。

矢作建の株価は10時42分現在944円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)