ノダが急落、今11月期の大幅減益予想を嫌気

 ノダ<7879.T>が急落。同社は15日、大引け後に前13年11月期通期決算を発表。連結売上高568億円(前々期比7.5%増)、営業利益29億2900万円(同30.2%増)、経常利益30億1100万円(同40.6%増)、純利益20億4600万円(同38.6%減)となった。前々期に繰延税金資産の計上など一時的な利益の押し上げ要因があったことこからその反動で純利益が減益となり、続く今期も売上高573億円(前期比0.9%増)、営業利益23億3000万円(同20.5%減)、経常利益24億円(同20.3%減)、純利益13億2000万円(同35.5%減)と大幅な減益を見込んでいることが嫌気されている。シート貼りの次世代フローリングなど新製品を投入、床材や建具など主力の建材製品の拡販にも注力しているが、急激な円安から輸入南洋材合板の仕入コストが上昇しており、この影響などが懸念される。

ノダの株価は11時7分現在651円(▼108円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)