海運株が軒並み堅調、バルチック指数が10日ぶりに反発

 商船三井<9104.T>、日本郵船<9101.T>など海運株が軒並み堅調。鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数は、昨年来再び軟化傾向にあったが、前日4ポイント高の1374と小幅ながら10日ぶりに反発したことがフォロー材料となった。為替が1ドル=104円80銭近辺と円安水準にあることも、ドル建て決済の海運セクターにとってプラス思惑として作用している。

商船三井の株価は11時30分現在457円(△2円)
日本郵船の株価は11時30分現在326円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)