◎16日前場の主要ヘッドライン

・ファンコミが大幅高、12月度売上高はモバイル向け好調で6割増
・村田製などアップル関連が軒並み高、チャイナモバイルの動向が刺激材料に
・ケイブが急反発、スロット型育成RPGの先行配信を発表
・省電舎やグリムス、FESCOが連日S高、細川元首相の都知事選出馬で思惑買い継続
・オークマなど工作機械株が上伸、12月受注総額28%増に拡大
・池上通が急伸、シンガポールでの子会社設立計画を材料視
・SIがストップ高、22日から1部へ市場変更で先高感
・寿スピリッツが高い、第3四半期累計売上高は2ケタの伸び
・ノダが急落、今11月期の大幅減益予想を嫌気
・海運株が軒並み堅調、バルチック指数が10日ぶりに反発

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)