FUJIKOが7連騰で2日連続ストップ高、バイオマス発電事業に関心

 FUJIKOH<2405.T>が7連騰で2日連続ストップ高に買い上げられている。脱原発を公約に掲げる細川護熙元首相が東京都知事選出馬を表明したことを受け、省エネ関連銘柄が軒並み高になるなか、エナリス<6079.T>と共同で森林資源を活用したバイオマス発電事業を進める同社にも関心が高まった。主力の産業廃棄物リサイクル事業は受け入れ数量、単価ともに堅調に推移しており、今14年6月期に入ってから7~12月累計の売上高は前年同期比12.2%増、計画比6.4%増の12億2000万円になっており、業績上振れ観測も強まっている。

FUJIKOの株価は13時6分現在870円(△150円)カイ気配
エナリスの株価は13時6分現在2535円(△364円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)