良品計画が底堅い、思惑先行売りから出直り基調

 良品計画<7453.T>が底堅い。株価は年初から急速な調整に見舞われたが、これは実態面ではなく消費増税を4月に控え不安心理が作用した要素が大きい。「無印良品」は国内、アジアともに好調をキープ、13年3~11月期連結最終利益は前年同期比32%増の109億円と同期間の過去最高を更新するなど消費者ニーズをがっちりと捉えている。増税後も値上げをしない方針を表明しており、これが採算悪化につながるとの思惑から利食い急ぎの動きとなったが、行き過ぎて売られた感が強く、今週に入り押し目買いに切り返しに転じている。

良品計画の株価は14時13分現在1万500円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)