ドトール・日レスHDは堅調、野村が目標株価を2200円に引き上げ

 ドトール・日レスホールディングス<3087.T>は堅調。一時、前日比86円高の1804円まで買い進まれる場面もあった。野村証券が15日付のリポートで、投資判断は「バイ」を継続しながらも、目標株価を従来の2000円から2200円に引き上げたことが好感されている。
 リポートでは「賃料上昇で新規出店数の予想を減らしたが、不採算店舗の閉鎖を増やしたことや、星乃珈琲店の伸長を評価した。同社はコンビニコーヒーとは競合はしておらず、“良い環境でコーヒーを楽しむ”店作りを推進することでこれらと異なる地位を確立していくだろう」としている。

ドトール・日レスHDの株価は14時30分現在1738円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)