永大産業が4日続伸、増額期待と割安感に着目した買い

 永大産業<7822.T>が大幅高で4日続伸。年10円配当を実施しながらPBRは0.6倍だと超割安圏に放置されており水準訂正妙味が意識されている。住宅用床材など内装材や水回りなど住設機器を手掛けるが、14年3月期の経常利益は前期比横ばいの23億7000万円を予想しているが、中間期までの進捗率が80%に及んでいることを考慮すると増額修正の公算十分といえる。ベトナムの床材新工場がフル稼働し、蓄熱フローリングシステムなどの新製品効果が収益に反映される局面を迎えている。テクニカル面では5日・25日移動平均線のゴールデンクロスから25日移動平均線を足場に3陽連を示現しており、きょう大陽線を立てたことで上値追い本格化の可能性を示唆している。

永大産業の株価は15時現在568円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)