パルが続落、岩井コスモが投資判断を引き下げ

 パル<2726.T>が続落。7日に第3四半期累計(3~11月)決算を発表して以降、冴えない展開となっているが、この日は岩井コスモ証券が投資判断を「B+」から「B」とし、目標株価を3200円から2700円に引き下げたことが観測されている。同証券によると、第3四半期は新規出店で増収を維持したものの、天候不順で既存店は弱含み、円安による原価上昇分も価格転嫁しきれず利益面も厳しいと指摘。昨年10月に一度下方修正を発表したが、さらなる下方修正は避けられないとしており、消費増税の影響が落ち着く来夏まで業績の本格回復は難しそうと判断している。

パルの株価は9時46分現在2339円(▼37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)