FCCが3日続伸、底値もみ合い経て水準訂正トレンドに

 エフ・シー・シー<7296.T>が3日続伸。昨年12月に約1カ月にわたる底値もみ合いを経て調整一巡、足もとは出遅れ修正の動きが急となっている。ホンダを筆頭株主とするクラッチ専業メーカーで海外輸出比率は約8割と高い。同社の下期為替想定レートは1ドル=95円であることから、大幅な輸出採算の改善効果が見込まれる。主力の2輪クラッチはインドネシアやインドなどアジア新興国向けに好調。また4輪クラッチは自動車生産回復顕著な北米向けが好調で収益に貢献している。設備投資増強にも前向きで海外の需要増勢を取り込み、15年3月期も増収増益が見込まれている。

FCCの株価は9時52分現在2185円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)