オールアバウトが4日ぶり大幅反発、消費者集め新商品開発との報道を材料視

 オールアバウト<2454.T>が4日ぶり大幅反発。株価は一時、53円高い585円まで買われている。きょう付の日本経済新聞で、食品などに詳しい消費者を組織化し、企業の商品開発に活用すると報じられたことを材料視。記事によると、企業からの依頼に応じて新商品のアイデアを出すほか、試食などの市場調査に協力するとしており、今回はまずハンバーグ好きが集まる「日本ハンバーグ協会」を立ち上げたという。1~2年後に同様の組織を100に広げるとしているが、3年後には企業から得る商品開発などでの協力の対価で合計30億~50億円を目指すとしていることから、中期成長への貢献が期待されている。

オールアバウトの株価は10時7分現在557円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)