アルデは買い一巡後に目先売りに押される、S&S社の子会社化を発表

 アルデプロ<8925.T>は、一時前日比41円高の470円まで買われたが、その後は目先的な売りに押されている。同社は16日大引け後にS&Standard(東京都豊島区)を子会社化することを発表した。S&S社は、販売用不動産のデューデリジェンス業務を得意としており、賃貸管理業務、リーシング業務、建物管理業務、リフォーム業務などを営むプロパティマネジメント会社として、首都圏を中心に約200戸の物件を管理している。S&S社に建物管理業務を依頼し、共同で販売用不動産の迅速な商品化やに高付加価値化に取り組んでいく方針。

アルデの株価は10時20分現在431円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)