シュッピンが反発、業績絶好調で1000円ラインが下値メドに

 シュッピン<3179.T>が反発、ここ断続的な売りに水準を切り下げていたが、前日にちょうど1000円で目先の底を入れた形。昨年10月下旬以降はボックスゾーン往来を続けており、下値は1000円絡みをリバウンドラインとしていることから、今回も値ごろ感十分とみた買いが優勢となった。カメラを主力に中古品のネット販売および店頭販売を手掛けるが業績は絶好調。足もとも12月度の月次売上高が16億4973万円と前年同月比21.4%の伸びを示した。このうち、Eコマースの売上高比率は52.5%と過半を占め、順調なWeb会員数の増加とともに成長シナリオを支えている。

シュッピンの株価は11時30分現在1034円(△20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)