マーチャントが続伸、脱デフレ追い風に思惑含みの買い

 マーチャント・バンカーズ<3121.T>が3日続伸、ここ商い増勢のなか「継続的な資金流入が観測されている」(準大手投資顧問)という。マンションやホテルなど不動産投資を行い、運営も手掛ける。ここにきて、デフレ脱却を主眼とする政策シナリオが同社の収益環境にプラスに働いており、土地や有価証券売却など投資回収が軌道に乗ってきた。今3月期業績は黒字確保から来期以降の回復余地の大きさに期待がかかる。時流に乗る太陽光発電事業など成長部門育成も今後の収益回復を担う。一方、浮動株比率が10%を切る品薄感に加えて日本証券金融が第3位株主に入るなど、株式需給面からの思惑も根強い。

マーチャントの株価は11時30分現在153円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)