大東建託は反落、SMBC日興証は目標株価を1万700円に引き上げ

 大東建託<1878.T>が反落。SMBC日興証券は16日付リポートで投資判断「2」を維持、目標株価を従来の9600円から1万700円に引き上げた。
 リポートでは「2013年12月までの月次受注高は低迷傾向が続いているが、モメンタムは2013年11月から居住用入居率が上昇に転じたことで改善している。受注モメンタムも2013年9月の消費税増税前の駆け込み需要の反動減や、キャンセル率上昇の影響が一巡することで、14年1月以降は改善に向かう。また、今14年3月期も豊富な受注残高の消化と今後の受注底打ちで、緩やかながら13年3月期の営業最高益(824億1100万円)更新が続くと予想する」としている。

大東建託の株価は11時30分現在1万円(▼75円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)