<後場の注目銘柄>=中央ビルト、仮設機材の拡大を評価

 中央ビルト工業<1971.T>の株価は12月26日に180円の昨年来高値を更新、その後は目先的な利食い売りに押されているが、150円前後で下げ止まる動きとなってきた。

 足場などの建設仮設機材を主力に住宅向けの鉄骨部材も展開している。

 仮設機材販売は、主力製品の出荷ズレ込みの影響などを受け第2四半期(4~9月)累計の連結営業利益では2億2700万円(前年同期比1.5%減)と小幅減益となっているが、震災復興やインフラ整備などの需要は旺盛で、今14年3月期通期は5億6100万円(前期比27.8%増)を見込む。軽仮設機材のレンタルも高水準を維持、仮設スタンドの拡大にも期待。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)