CMKの14年3月期は赤字転落、生産体制の見直し進める

 日本シイエムケイ<6958.T>は17日、連結業績の下方修正を発表し2014年3月期は赤字に転落することを明らかにした。売上高は従来予想の760億円から710億円(前期比2.3%減)に見直したほか、営業損益は22億円の黒字から10億円の赤字(前期は4億3400万円の黒字)、最終損益は10億円の黒字から38億円の赤字(同7億1200万円の黒字)に修正した。直近の経営環境を考慮したほか、子会社閉鎖などによる特別損失の計上が業績悪化要因となる。連結子会社の山梨三光を4月末に閉鎖し、生産体制の見直しを進める。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)