オービックが続伸、第3四半期累計経常最高益、期末配当5円増額との観測報道を材料視

 オービック<4684.T>が続伸。18日付の日本経済新聞で、第3四半期累計(4~12月)の連結経常利益が前年同期比1割増の180億円程度となり、同期間としては過去最高になったようだと報じられたことを材料視した買いが入っている。記事によると、統合基幹業務システム(ERP)や融資関連システムが好調だったほか、開発の採算性が向上したという。また、業績好調を背景に期末配当を従来予想より5円引き上げて30円とする方針も固めたとしており、これも好感されているようだ。

オービックの株価は9時2分現在3090円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)