任天堂がウリ気配、14年3月期業績予想の下方修正を嫌気、ハード不振で営業赤字に転落

 任天堂<7974.T>はウリ気配スタート。前週末17日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の9200億円から5900億円(前期比7.1%減)へ、営業損益を同1000億円の黒字から350億円の赤字(前期364億1000万円の赤字)へ、純損益を同550億円の黒字から250億円の赤字(同70億9900万円の黒字)へそれぞれ下方修正したことを嫌気した売りが殺到している。年末商戦でハードウエアの販売が想定を下回ったことで、利益率の高いソフトウエアの売り上げも予想を大きく下回ったことが要因という。なお、第4四半期の前提レートを従来の1ドル=90円、1ユーロ120円から、1ドル=100円、1ユーロ=140円に見直している。
 また、業績予想の修正に伴い、従来260円を予定していた期末一括配当を100円に引き下げた。

任天堂の株価は9時7分現在1万3745円(▼900円)ウリ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)