鳥居薬がカイ気配でスタート、高リン血症治療剤の製造認可で

 鳥居薬品<4551.T>がカイ気配でスタート。同社はJT<2914.T>とともに17日慢性腎臓病患者向け高リン血症治療剤「リオナ錠250mg」の国内製造販売承認を取得したことを発表。これが大きく材料視されている。腎臓病では、透析患者だけでなくそれに至る前の患者にとっても、血清リン濃度を適正値に保つことは極めて重要視されており、同治療剤への期待は大きく、今後高水準の需要を取り込むことが見込まれる。

鳥居薬の株価は9時14分現在3590円(△385円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)