<前場の注目銘柄>=荏原実業、感染症対策分野に注力

 荏原実業<6328.T>は、環境関連製品の製造・販売を手掛けるメーカー部門、上下水道向け設計・施工の水処理関連事業、ポンプ、省エネ型空調機器などを販売する商社機能を展開し、14年3月期の連結経常利益は12億6000万円(前期比22.7%増)を予想。

 さらに、省エネ型エアポンプの内製化(従来は海外からの調達)で、水処理技術を生かしたクロマグロ、エビ、ウナギなどの養殖施設の開発、販売にも取り組む。

 また、インフルエンザなど感染症対策関連の除菌剤・二酸化塩素ガスをはじめ、パンデミック対応の高性能感染防護衣などにも注力。株価は、昨年12月26日に1322円で安値をつけて以降、反発に転じている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)