外為:豪ドル、91円14銭前後へ下落、依然売り圧力強い

 20日の東京外国為替市場の豪ドル・円相場は午前10時30分時点で、1豪ドル=91円14~18銭前後と前週末午後5時時点に比べ79銭の円高・豪ドル安で推移している。先週に発表された豪雇用統計が悪化し、豪ドルが売られる流れが続いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)