ティムコが小幅反落、前11月期の営業赤字を嫌気

 ティムコ<7501.T>が小幅反落。同社は17日、大引け後に前13年11月期通期決算を発表。売上高28億5600万円(前々期実績28億400万円)、営業損益1100万円の赤字(同600万円の赤字)を計上しており、2期連続での営業赤字が改めて嫌気されている。フィッシング事業はフライ(毛鉤)用品の販売が新製品の投入効果で堅調に推移したが、ルアー(擬似餌)用品の販売が苦戦。円安進行による仕入原価上昇の影響や、一部在庫品の値下げ販売を行ったことが利益悪化を招いている。続く今期は売上高で28億9000万円、営業損益で4200万円の黒字を見込んでいる。アウトドア衣料ブランド「フォックスファイヤー」の商品力強化とともに、引き続き直営店舗「フォックスファイヤーストア」の収益性向上に注力していく方針。

ティムコの株価は11時18分現在581円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)