ホンダが下げ渋る、二輪車販売をテコ入れ報道を好感

 ホンダ<7267.T>が下げ渋っている。18日の日本経済新聞が「国内の二輪車販売をテコ入れする。2014年前半(1月~6月)に過去最高水準となる20車種以上の新製品を相次ぎ発売する」と報じたことが好感されたようだ。中大型スポーツモデルのほか、排気量50CCのスクーターも12年ぶりに発売する。景気の回復などで増えつつある中高年や女性のライダーが乗りやすいモデルをそろえて、縮小傾向が続いた二輪車需要を掘り起こすと伝えており、二輪車販売回復を期待した押し目買いが入ったようだ。

ホンダの株価は11時30分現在4143円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)