104.50の重たさがあり、実需の103円台の買いと綱引き。

戻り売り回転だが、ショートの溜まり具合には注意したい。こまめに利食い。
104.32で越週していたドル円でしたが、今朝は104.10割れまで(104.01安値)一旦は下がって今104.27まで戻してきました。先週末の動きを見ると104.50から上が重たいですが、103円台の買い意欲も充分に感じられ、本日は米国市場が休場であることからあまり大きな動きにはならないイメージがあります。日足の基準線103.971、転換線104.104、21日移動平均線は(日足ボリンジャーバンドのセンターライン)104.473であり、103.95-104.50をレンジで見てこの中で小動きを予想しますが、104円台ミドルに近いところから売り先行でしょうか?5・10日で月曜なので、本来は受け渡し日にならない(NYが休場だから)本日の仲値が不足する可能性もあるため、売りは仲値前まで様子を見ながらタイミングを図りたいと思っています。

ドル円 売り
ドル円は104.450、104.550で売りから参入する。利食いは103.950に置きながら、下がりきらなければ104.100以下は利食い千人力で考える。ストップは104.850でイメージします。

レンジ (103.850)104.050--(104.450)104.550 作成時 104.271-275 8:44AM


ユーロドル 売り
ユーロドルは1.35台ミドルが割れて非常に上値が重たい展開。1.35650、1.35800で売り先行。1.35950にストップを置きながら1.35100、1.35000で買い戻しを行う売りをイメージしました。

レンジ 1.35000(1.35100)--(1.35650)1.35800 作成時 1.35255-262 8:52AM


ユーロ円 売り
ユーロ円は141.350、141.450で売りから。ストップは141.700に置きながら、140.850、140.650で買い戻しをかけるような売り先行の回転を考えました。

レンジ 140.650(140.850)--(141.350)141.450 作成時 141.025-034 9:03AM