マーチャントの上昇に弾み、脱デフレに乗り継続的な資金流入

 マーチャント・バンカーズ<3121.T>の上昇基調に弾みがついている。継続的な資金流入が観測されるなか一時160円台を回復、早晩、昨年来高値185円払拭が視界に入りそうだ。マンションやホテルなど不動産投資および運営を手掛け、アベノミクス効果を底流とした不動産市況や株式市場の回復を背景に、土地や有価証券売却など投資回収が収益に寄与している。政策支援の厚い太陽光発電事業なども成長部門として収益リード役のひとつに浮上。小型株で浮動株比率は10%を切っており流通株式のタイト感も上値追いの可能性を暗示している。

マーチャントの株価は13時59分現在156円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)