<チャートの視点>=ユナイテッド海、各種移動平均線が接近し5・25日線のGCも視野に

 NSユナイテッド海運<9110.T>は、5日移動平均線(17日時点:289円)と25日移動平均線(同:293円)、75日移動平均線(同:288円)が接近。5日線と25日線のゴールデン・クロス(GC)も視野に入っている。10月21日に昨年来高値335円をつけたあとは利益確定売りなどに押されたが、11月25日安値263円を底に着実に下値を切り上げ。チャート上では三角もち合いを形成しており、足もとでは煮詰まり感が強まりつつある。
 バルチック海運指数の動きに反応しやすい面はあるが、今期業績見通しは良好。2014年3月期通期の連結業績見通しは、売上高が1540億円(前期比17.2%増)、経常利益は72億円(同2.8倍)、最終損益は88億円の黒字(前期実績は155億500万円の赤字)が見込まれている。

ユナイテッド海は14時54分現在298円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)