エフテックが反落、公募増資の発行価格決定期間入りで売り先行

 エフテック<7212.T>が反落。この日から公募増資の発行価格決定期間に入ったことから、警戒売りが膨らんでいる。公募増資261万株と上限39万株のオーバーアロットメントによる売り出しを実施する。公募に伴う調達金額は40億円前後で公募増資に伴い株式数は最大で24%増える見込み。株価は8日の発表からこの日まで約9%下落している。

エフテックの株価は15時現在1528円(▼33円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)