栄研化はFINDとシャーガス病診断法の共同開発契約を締結

 栄研化学<4549.T>は20日に、FIND(ゲイツ財団が資金提供する非営利目的の基金)とシャーガス病の簡易・迅速診断法の共同開発契約を提携したと発表した。
 栄研化とFINDは既に、LAMP法(栄研化が独自に開発した迅速、簡易、精確な遺伝子増幅法)を利用して結核やマラリア、アフリカ睡眠病、リーシュマニア症の簡易・迅速診断法の共同開発に乗り出しており、今回の提携はその延長上にある。
 シャーガス病とは、サシガメ類昆虫の糞便中に存在する原虫が寄生することによって引き起こされる疾患で、輸血や母子感染、臓器移植、実験室事故などで感染。感染者数は南アメリカ地域を中心に、全世界で800万~1100万人におよぶという。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)