日本鋳造の14年3月期は赤字へ下方修正、鉱山機械用鋳鋼品の需要減など響く

 日本鋳造<5609.T>は20日、連結業績の下方修正を発表し2014年3月期は赤字に転落することを明らかにした。売上高は従来予想の120億円から110億円(前期比3.0%減)に見直したほか、営業損益は1億6000万円の黒字から6000万円の赤字(前期は3億3300万円の黒字)、最終損益は7000万円の黒字から1億2000万円の赤字(同1億8800万円の黒字)に見直した。大型鉱山機械用の鋳鋼品の大幅な需要減で売り上げが落ち込んでいるほか、公共投資関連も競争激化による受注減や工事進ちょくの遅れなどが響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)