さっぽろ雪まつり来月開催 北の祭典、経済効果に期待感

2月5日から11日まで
 今年で65回目を迎える「さっぽろ雪まつり2014」が2月5日から11日まで開催される。さっぽろ雪まつりは、札幌の中心を東西に横切る1.5キロメートルの大通公園などで毎年行われる。

 昨年のさっぽろ雪まつりでは、236万7000人(第63回比15.2%増)と来場客数が大幅に増加。今年も国内景気回復を追い風にして客数が増加し、経済効果が見込めそうだ。

 実行員会によれば「今年の雪まつりの予想は出してはいないが、観光客数は昨年と同水準が見込まれる。主力は昨年と同様、9割を占める国内観光客が中心」としている。

 また、昨年の雪まつりは開催時期と中国の旧正月と一部重なったことから、台湾や香港などからの観光客が大幅に増加した。今年も昨年と同様に、アジアを中心とした訪日客が多数見込まれる。

 雪まつりの協賛企業であるサッポロホールディングス<2501>や、北海道コカ・コーラボトリング<2573>、ANAホールディングス<9202>、日本航空<9201>などに注目したい。

◆さっぽろ雪まつり関連銘柄

KNTCT<9726>、HIS<9603>:国内向けに宿泊チケットや航空チケットを取り扱う
ANAHD<9202>、日本航空<9201>:雪まつりの協賛企業。札幌への乗客増加に期待
北海道コカ<2573>:北海道を地盤にコカ・コーラ製品の販売を展開。2009年から、札幌市と「さっぽろまちづくりパートナー協定」を締結。「さっぽろ雪まつり応援デザイン缶」を販売
サッポロHD<2501>:北海道シェアナンバー1のビール販売会社。市内に「サッポロビール園」もあり、観光スポットとしても注目
雪印メグ<2270>:北海道の工場で牛乳やヨーグルトなどを生産
ロジネットJ<9027>:札幌を中心に陸上輸送を手掛ける
ゲオティノス<4650>:札幌中央区にネットカフェの「ゲオカフェ」を出店。北海道が地盤の企業