JXが続落、14年3月期経常赤字転落観測で

 JXホールディングス<5020.T>が続落。同社の石油製品事業が14年3月期に400億円弱の経常赤字となる見通しと21日付の日本経済新聞が報じており、これが嫌気されている。従来予想は190億円の黒字でそこから590億円弱の下方修正となる。価格競争でガソリンなどの採算が悪化しており、JX発足後初の赤字転落となることからネガティブインパクトも強い。ただ、下げ幅は限定的。同社は燃料電池車向けに低コストの水素供給に乗り出す構えをみせるなど、新エネルギー関連としてのテーマ性もあり、下値には押し目買いも観測される。

JXの株価は9時8分現在536円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)