パスポートが反落、14年2月期営業赤字転落を嫌気

 パスポート<7577.T>が反落。20日の取引終了後、14年2月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想135億円から128億円(前期比5.4%減)へ、営業損益を同2億円の黒字から1億2000万円の赤字(前期4億6400万円の黒字)へ、純損益を70000万円の黒字から2億7000万円の赤字(同1億9600万円の黒字)へ引き下げる下方修正を発表したことが嫌気されている。直輸入品などの開発商品の売り上げが低迷し品揃えの改善が遅れたほか、円安による直輸入品の原価上昇などが響いたという。
 また、業績予想の下方修正に伴い、従来10円を予定していた期末一括配当を7円に引き下げるとの配当予想の修正についても発表しており、これもネガティブ視されている。

パスポートの株価は9時13分現在363円(▼6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)