ドル円、材料難で小動き継続!

マーケットコンディション
昨日のドル円は、104.21円で始まり、安値103.86円、高値104.32円と小動きで終始した。主だった経済指標がない中、東京時間とNY時間に103円台に突っ込む場面も見られたが、買い戻され104.17円でクローズをむかえた。
ドル円、材料難で小動き継続!
材料難というか、材料見付というか方向感がない動きをした。下値103円台では買い意欲があるようだが、104円台半ばまで押し上げる動きもなかった。日足で十字線に近い足が2本形成された。もみ合いが長期化される感じはないので、上げ材料が見つかれば、再度105円挑戦と見る。
☆戦略
買い継続
ポイントレベル
106.00
105.44(1/2の高値)
105.00
-----------------------------------------------------------------------------------
104.00
103.44(96.94-105.44の23.6%戻し)
103.00
102.84(1/13の安値)
102.20(96.94-105.44の38.2%戻し)

注)本日の予想は1月21日9:20に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。