アサヒが反発、ビール系飲料缶容器を業界標準規格に変更と報じられる

 アサヒグループホールディングス<2502.T>が反発。21日の日本経済新聞が傘下のアサヒビールがビール系飲料に使われる缶容器を業界標準の規格に変更すると報じたことが好感されている。最大手の同社はこれまで独自の規格だったが、キリンビールなど他の大手3社が使う軽量タイプを採用。東日本大震災後は業界全体で缶が不足し、消費者への商品供給が滞った。規格統一で大手メーカーは缶がより調達しやすくなり、災害時にも消費者に安定供給できる体制が整うと伝えており、販売拡大と収益性の向上が期待された。

アサヒの株価は10時37分現在2863円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)