滝沢鉄が急伸、KEMP社との業務提携でロシア事業展開に期待

 滝沢鉄工所<6121.T>が急伸、一時前日比50円高の217円まで買い進まれ昨年来高値を更新した。同社は20日、大引け後にロシアのKovrov Electromechanical Plant(KEMP社)と業務提携したことを発表、これを好感している。今回の提携によりKEMP社は、滝沢鉄の新型複合旋盤TS-4000をロシアでセミノックダウン生産し、TAKISAWA-KEMPブランドとしてロシア国内で販売していく方針。KEMP社は油圧機器、農業機械などの製造販売を展開しており、同社との連携でロシアでの事業展開に期待が高まっている。

滝沢鉄の株価は11時5分現在211円(△44円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)