【NISA関連はこれからが本番】狙う銘柄は?

株式市場の上昇がストレートに業績を後押し
 2014年に入りNISA(ニーサ/日本版ISA/少額投資非課税制度)がスタートいたしました。
 東京株式市場は昨年末にかけて上昇した反動から、年明けから調整の動きとなっております。しかしそのなか、 東京都知事選の告示を前に代替エネルギー関連銘柄が人気化し暴騰するなど、材料銘柄物色は継続しております。

 現在、日経平均株価は調整が続いておりますが、この調整も完了となれば再度高値を更新してくる動きに発展するものを期待されております。そして高値を明確に更新してくれば『三角保ち合い上放れ』に。いよいよ“アベノミクス上昇第2波動”入りとなります。

 東京株式市場が盛り上がりを見せてくると、取引の増加が業績をストレートに後押しする「証券株」が狙い目となります。

 その証券株の中で大幅な上昇が期待される銘柄として、「あかつきフィナンシャルグループ (8737)」をマーク。
あかつき証券を中心とする企業グループ。会社四季報では2015年3月期1株利益を420円予想としております。株価は現在2,150円前後で推移。PER 5.11倍と非常に割安といえます。
 
 株価はすでにスケールの大きい上昇を開始。チャートは1,200円付近にあった上値抵抗線を窓を開け突破、1月8日には2,500円まで上昇しました。現在は高値付近でもみ合い調整を続けております。今後、2,500円を上抜けてくると3,000円台、長期的には4,000円台・5,000円台を目指す上昇も期待されます。