ボルテージが12月中間期業績見込みを上方修正、恋愛ドラマアプリ好調

 ボルテージ<3639.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(7~12月)連結業績見通しについて、売上高を従来予想の45億円から48億円(前年同期比3.8%増)へ、営業損益を同5000万円の赤字から2億5000万円の黒字(同3.4倍)へ、純利益を同1億円の赤字から1億円の黒字(同4.0倍)へそれぞれ上方修正した。国内市場において恋愛ドラマアプリが計画を上回っていることに加えて、制作外注費が計画を下回っていることが要因としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)