【レンジ推移】 OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】103.90-105.00 【予想時刻】2014年1月21日 18:00
昨日の欧州時間までのドル円は頭の重い推移が続きました。米国時間は米国休日ということもあり閑散とした相場となりましたが、ジリジリと上値を伸ばし、本日アジア時間には先週末に揉みあいを演じた104.20-50ゾーンをしっかりと上抜ける上昇となりました。しかし、上値の重さも未だ払しょくしきれず伸び悩む展開となっています。
本日も105円トライを見ることができるかは微妙なところだと思われます。
本日の注目材料

本日は欧州時間に独ZEW景況指数の発表が予定されているものの米国のイベントの予定がないことから動意に欠ける展開となりそうです。
また、明日の日銀金融政策決定会合後の展望レポートにて物価見通しが上方修正されるかということに市場の注目が移りつつあります。
もしここで上方修正するとなると消費税増税前後に期待される日銀による追加緩和の規模が期待外れになる、またはそもそも緩和自体が行われるのかという議論となると円買いが進行しそうな気配がします。