◆21日の米株式市場の概況 NYダウ反落、決算発表銘柄への売りが重しに

 3連休明けの21日の米株式市場はNYダウが反落し、前週末比44.12ドル安の1万6414.44ドルとなり、ナスダック総合指数は同28.179ポイント高の4225.760と反発して取引を終了した。NYダウ採用銘柄で朝方決算を発表した通信のベライゾン・コミュニケーションズや日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)、保険のトラベラーズなどが決算をきっかけに下落したことが全体の重しとなった。一方でアップルやグーグルなど時価総額の大きいIT銘柄の一角が買われたことで、ナスダック指数は上昇した。なお、出来高概算は、ニューヨーク市場が7億5330万株、ナスダック市場が19億9445万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)