ダイキンが反発、中小8社と新空調機器を開発との報道を材料視

 ダイキン工業<6367.T>が反発。きょう付の日刊工業新聞で、技術力のある中小企業8社の経営者と協力し、新たな空調機器の開発に乗り出すと報じられたことが材料視されている。記事によると、同社は近畿経済産業局の仲介で11年から新製品開発に中小とのビジネスマッチングを活用しているが、13年に具体的なテーマを設けず会合を実施し、14年にはこの議論で上がった複数のシーズ(種)に課題を設定して実用化の道を探り、14年度中にも試作機の完成を想定するという。新たな発想をもとにしたグローバルに通用する製品への期待が高まっているようだ。

ダイキンの株価は11時30分現在6357円(△69円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)