◎22日前場の主要ヘッドライン

・エプコがカイ気配、パナソニックと家庭用太陽光発電の販売事業で合弁会社設立
・ボルテージがS高カイ気配、12月中間期業績の上方修正を好感
・東京製鉄が大幅高、第3四半期黒字浮上で業績回復鮮明に
・任天堂が7日ぶり反発、突っ込み警戒感からの押し目買い
・コロプラが大幅反発、好決算期待の買いが入る
・オークマが急反発、25日移動平均線との下方カイ離埋める
・ジーンテクノがS高、三和化学研究所とバイオ後続品で共同開発契約
・省電舎は朝高後に値を消す、東証が22日から日々公表銘柄に指定
・ソフトブレーンが新高値、売りこなし上値追い基調が鮮明
・TYOが堅調、広告出稿需要増勢で商機拡大

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)