川崎重が後場再びプラス圏に浮上、岡山市から消防ヘリコプターを受注と発表

 川崎重工業<7012.T>が反発。この日、最新鋭の「川崎式BK117C-2型ヘリコプター」を、岡山市から受注したと発表、これを好感する買いが入っている。同機は、欧州のヘリコプターメーカー、エアバス・ヘリコプターズ社(旧メッサーシュミット・ベルコウ・ブロウム社)が共同開発したヘリコプターで、物資・人員輸送や消防・防災、警察、ドクターヘリなど多用途に活用される中型双発機。岡山市では、既存の消防ヘリコプターの更新機として岡山市消防局警防課航空隊に配備する予定。

川重の株価は14時14分現在488円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)