洋ゴムが続伸、好業績背景に下値切り上げ波動

 東洋ゴム工業<5105.T>が続伸。断続的な買いが観測されるなか、25日移動平均と徐々にカイ離を広げる形で下値切り上げ波動が続いている。13年12月期業績は営業利益が前の期から倍増となる320億円を見込んでいるが、ほぼ達成されたもようで、同時に過去ピーク利益の大幅更新となる。北米の自動車販売好調を背景に大型車用タイヤの販売が好調、為替の円高修正メリットも発現している。高水準の需要に対応して米国での増産や、マレーシア新工場の寄与などで14年12月期も増益確保できる可能性は十分とみられている。

洋ゴムの株価は14時31分現在629円(△8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)